SKB-札幌観光ブライダル・製菓専門学校

おもてなしとマナーを大切にする学校

製菓学科

オープンキャンパス
資料請求

製菓は特に、正確な軽量や繊細な作業が要求される分野です。プロである講師の直接指導と豊富な実演により、パティシエやブーランジェとして必要な知識を身につけるとともに、専門的な技術を習得。

また、さまざまな研修を通じてプロがつくりだす数多くの本物にふれることで、センスを養います。目指すのは、食べる人に喜ばれる洋菓子、和菓子、製パンのつくり手です。

 

製菓学科の特長

「つくる技術」を支える、基礎の知識

製菓や製パンにおいてもっとも大切なことは、衛生的であること。清掃や食品衛生学実習などを通じて、食品管理の知識を身につけます。また、お客様への「おもてなし」の心も大切にしています。

少人数の実習カリキュラムだからできる、細やかな実技指導

実技指導ほど、少人数制が生かされるものはありません。実習では、これまで第一線で活躍してきたプロが講師となり、学生が一人ですべての制作工程を担当するため、確実にスキルアップができます。

プロも認める本格工房で学べる

実際の現場でも使われている充実した設備を学内に完備。たくさんの調理器具を使いこなしてプロになるためのスキルを身につけることできます。北海道洋菓子協会の講習会としても採用されるなど、プロも認めた工房です。

 

現場のプロを疑似体験『販売実習』

自分たちでメニューを考えてパンやスイーツをつくり、販売までを行う「販売実習」を行います。味や見た目といったクオリティをキープしながら一度にたくさんつくる「量産」の技術を学ぶとともに、材料の仕入れや販売利益の計算など、ショップ経営のノウハウを学びます。

メニュー決め

1年次に授業で学んだことや本などを参考にメニューを考案。レシピはもちろん、デザインやコンセプトなどをレポートにまとめ、原価計算を行います。配合量やアイデアなどに悩んだときは、先生に相談します。

試作

試作を繰り返しながら、大きさ・重量・配合量・製造個数などを決めていきます。効率のよい作業工程などを、自分自身で試行錯誤することが大切です。最終レシピは、全員で試食を行って味や見た目などの意見交換を行いながら決定。また、校内に掲示するポスター制作のための撮影も行います。

仕込みから販売

販売日の前日に仕込みを行い、当日は商品の焼成と仕上げを行います。販売場所の設営後は、レジ・包装・品出しなど各自担当に分かれ、おもてなしの心を込めて接客します。すべてを学生中心に行い、ゼロから商品をつくりあげる経験はプロを目指す自信になるはずです。

 

授業紹介

製菓・製パン実習
製菓・製パンに必要な技術を、基本から応用まで実技授業にて身につけます。道具の使い方なども重要です。

製菓・製パン理論
製菓と製パンに関する概論を学び、技術の幅を広げます。

販売実習
自分たちでレシピの考案から製造、販売までを手がけることで、商品開発やコスト管理といったスキルを身につけます。

製菓実習(和菓子)
和菓子には日本の伝統的な技の数々が用いられます。その製菓技術を、基本から応用まで身につけます。

製菓実習
学生にも一番人気のある、フランス菓子を中心に基本的な製菓技術を身につける実技授業です。

テーブルマナー
ホテルにてコース料理を食べながら、フォークやナイフの使い方、料理を食べる順番などのマナーを身につけます。


その他のカリキュラム
栄養学・食品学・公衆衛生学・社会・接客サービス・食品衛生学・衛生法規・店舗運営管理・飲料サービスなど

時間割例

 

卒業生紹介

宮の森フランセス教会 マスダプラニング/パティシエ

佐藤希さん 2016年卒/第一学院高校出身

現在は、ウエディングパーティの際にお客様の前で実演でクレープを焼く担当をしています。最初はとても緊張したり、失敗することもありました。それが少しずつ慣れて上手にできたり、その実演を見て食べたお客様が「おいしい」と喜んでくれるとやりがいを感じ、自信にもなります。それをスタッフの方々に褒められたり、お客様が笑顔になったときは本当に嬉しいですね。

京王プラザホテル/パティシエ

神山裕維さん 2011年卒/青森県立弘前実業高校出身

オープンキャンパスで、先生がとても優しそうだったのと技術の高さに感動し、入学を決めました。現在は修行の真っ最中。職場では実践的な指導が多くなるので、学校で学んだ基礎知識は欠かせません。今でも学生時代のノートをよく見直しますよ。

 

講師紹介

さっぽろスイーツ コンペティションでグランプリを受賞

南保圭佐 先生
株式会社きのとやへ入社後、神奈川県横浜市の洋菓子店(パティスリーデフェール、スイーツガーデン ユウジ アジキ)に勤務後、京王プラザホテル札幌にてパティシエとして勤務。さっぽろスイーツ2014コンペティションにてグランプリを受賞し、北海道を代表するスィーツとして数多くのメディアに紹介。

学生の授業をきめ細かくサポート

小林由季 先生
洋菓子店でのパティシエを経て本学科を担当。経験を生かし、製造だけでなく、接客・販売やディスプレイ等の技術も指導。学生がしっかり学べる様に全力サポート。

 

目指す-仕事-

  • パティシエ(洋菓子職人)
    ケーキやムース、クッキーなど洋菓子を専門で作るお菓子職人です
  • ブランジェ(パン職人)
    ベーカリーやホテルなどで、パン作りを専門に担当します。
  • 和菓子職人
    日本の伝統的製造法で作られた和菓子を作る職人です。
  • ヴァンドゥーズ(洋菓子専門販売員)
    洋菓子の専門知識を持ち、洋菓子店の顔として接客・販売を行います。
  • ショコラティエ
    チョコレートをもとに、いろんなデザートや菓子を作るチョコレート専門のお菓子職人です。
  • カフェスタッフ
    カフェや喫茶店などで接客し、料理やドリンクのサービスなどを行います。

 

目指す-資格-

製菓衛生師(国家資格・製菓衛生師養成施設)
製菓衛生法に基づき、菓子やパンを製造するにあたって、公衆衛生や製造者の資質向上などを目指し、安全性の高い食品を作る資格。

その他取得を目指す資格
サービス接遇検定、秘書技能検定、漢字能力検定、日本語ワープロ検定、情報処理技能(表計算)検定、文書デザイン検定、プレゼンテーション作成検定、パソコンスピード認定検定 他

製菓学科ニュース

ベーシックで “素直なおいしさ” を表現する人気スイーツショップ『AnneCharlotte』に内定
内定情報
良質の素材を使い、理屈抜きに美味しいと思っていただける素直なお菓子作りをコンセプトに、多数のスイーツショップの中でも高い人気を誇る『AnneCharlotte』に鑓水萌加さん(札幌英藍高校出身)が内定しました!
大成功だったオータムフェスト・コラボ出店で北海道牛乳普及協会様から感謝状をいただきました
5日間で6592杯を売り上げて大成功だった「飲むスイーツ」。この功績が認められ、この度「北海道牛乳普及協会 事務局町・小柳敏幸様」から参加した学生30名全員に感謝状をいただくことになりました。
さらに表示
オープンキャンパス
資料請求